評価
ブライダルアテンダー講座 5章-2 アテンダー・美容・写真

講座提供: ウエディングネットアカデミー
カテゴリ: 資格
ジャンル: ブライダルアテンダー
シリーズ: ブライダルアテンダー講座
講座形式: テキスト
レッスン数: 11
標準学習時間: 240分
受講数: 2,328人
ウエディングプランナーの専門スクール「ウエディングネットアカデミー」が、ブライダルアテンダーを目指す方のために運用している本講座の第1章です。

【講座内容】
お支度ができた新郎様、新婦様。小物などがご予約どおりか、間違いがないかを確認します。
お支度アップされますと、新郎様、新婦様は特に緊張されています。優しくお声をかけましょう。

写真撮影、VTR撮影などの商品を理解しておきましょう。
フォーマル写真の撮影順をタイムスケジュールから理解してみましょう。
親族集合写真の並び方を覚えましょう。アテンダーの確認内容は注意してください。

http://www.weddingnet.co.jp/(外部リンク)






脳
美容打合せのスケジュール
講座を購入する
ヘアメイクの一般知識は衣裳同様に習得しておきます。

  特徴:式場で頼むか、外部の専門美容室に頼むかは新婦が判断。通常は、式場のプロに頼む方がほとんど。
挙式6ヶ月〜4ヶ月前 ・外部で頼む場合は、式場決定とほぼ同時期に美容室を決定し予約する。
3ヶ月前〜2ヶ月前 •ドレスが決まったら雑誌などを見ながらヘアスタイルやメイクをイメージする。
•雑誌で気に入ったものがあれば切抜きをして持参できるようにしておく。
•リハーサルの予約を入れる。
1ヶ月前 •衣裳を外部で頼む場合は、ドレスや小物を持参し、当日と変わらないリハーサルを行う。
•ヘアに生花を飾る場合は、その旨を伝え、ヘアスタイルを決めていく。
当日 •打合せをしてきた美容師の方にヘアメイクをして頂く。


ビューティアドバイザーの役割
同じドレスでも、ヘアアレンジとメイク次第で印象はグッと違ってきます。アドバイザーは、新婦様にセレモニーや会場の雰囲気を伺い、雑誌などを参考にして新婦様が描かれているイメージをしっかりと把握していきます。

プランナーの役割
ヘアメイクの時期の設定や注意点、ポイントをアドバイスしていきます。「衣裳や小物の持込みが難しいのであれば、写真を持っていかれたほうが安心ですよ」など。そして、ビューティケアについてもお話します。式場内や提携のエステティックサロンがある場合は、そちらのパンフレットを渡しています。

メイクについて
常に流行のあるヘアメイクですが、ここ数年はナチュラル感を出すメイクが主流です。 ヘアスタイルは、アップヘアが基本ですが長い髪をそのまま活かすロングヘアタイプも最近人気があります。ヘアメイク担当者は、新婦の顔型・髪質を考え新婦がよりいっそうきれいに輝く花嫁に仕上げていきます。ヘアメイクやエステに関しては美容担当者が打合せ・お勧めをします。

関連する講座

レビューを見る

総合評価:
評価 Jayde
参考になった 参考にならない
Whoever edits and pulibshes these articles really knows what they're doing.
評価 Buffie
0参考になった 参考にならない
It's woendrful to have you on our side, haha!
評価 Kaiden
+1参考になった 参考にならない
This ponsitg knocked my socks off
評価 Cordy
+1参考になった 参考にならない
That's an initllegent answer to a difficult question xxx
評価 Sonny
参考になった 参考にならない
There are no words to describe how bodcuioas this is.

レビューを書く

評価: 投稿者名: