評価
ブライダルアテンダー講座 5章-1 アテンダー・衣装

講座提供: ウエディングネットアカデミー
カテゴリ: 資格
ジャンル: ブライダルアテンダー
シリーズ: ブライダルアテンダー講座
講座形式: テキスト
レッスン数: 8
標準学習時間: 240分
受講数: 1,971人
ウエディングプランナーの専門スクール「ウエディングネットアカデミー」が、ブライダルアテンダーを目指す方のために運用している本講座の第1章です。

【講座内容】
ご新郎・ご新婦様の晴れの結婚式、当日どのようなお衣裳をお召しになるのかを理解し、細やかな心使いが必要です。

新婦がドレスをお召しになったとき、歩き方、立ち方、座り方のアドバイスをいたします。着映えするドレスの法則は、アテンダーとして花嫁にアドバイスしてあげてくだい。

新婦の和装について、名称と特徴を覚えましょう。和装に必要な小物は大切な知識です。覚えてください。


http://www.weddingnet.co.jp/(外部リンク)






脳
ドレスの選択方法とスケジュール
講座を購入する
ご新婦様のドレス選択パターンとして、基本的に3パターンあります。 下記の表を参考に各システムの特徴を理解して下さい。ご新婦様の選択方法によっては、 衣裳スケジュールが変わってきます。

  レンタル 販売 オーダーメイド
  特徴:ホテルや式場内の衣裳室やレンタルドレスショップで借りる。もっともポピュラーな方法。

メリット:高価なドレスでも商品パックなどで安く借りられる。小物なども含まれている場合が多いので安心。
特徴:既製品を購入すること。サイズ・種類などが豊富。レンタルショップなどでも購入できる場合がある。

メリット:最近は値段も手頃なものが増えてきている。サイズの調整もレンタルより融通が利き、ドレスは自分の物になる。
特徴:デザイナーと打合せをしてドレスが完成する。わがままを聞いてもらえサイズも自分のサイズにフィットする。

メリット:世界に1点の自分だけのドレス。衣裳に合わせて小物類も頼めることが多い。
挙式6ヶ月〜4ヵ月前 •ドレスショップを自分たちで探す。下見をし試着する。
•ホテル・式場の衣裳室へ下見をし試着する。
•ドレスショップを自分たちで探し、下見をする。
•気に入ったものがあれば試着をする。
•ドレスショップに小物があれば下見をしておく。なければ、小物を取り扱っているショップを探し、下見をする。
•ドレスショップを下見し、ショップを決定する。デザイナーと打合せが始まり、要望を聞きながらデザイン画が完成する。
•1回目の仮縫いが始まる。ダミーのドレスを着て、サイズやデザインを検討する。
〜3ヶ月前 •試着したドレスを決定しサイズ直し。
•ドレスと同時に小物も決定する。
•試着したドレスを決定。
•サイズ直し。
•ドレスに合う小物を決定。
•2回目の仮縫い。当日きるドレスを試着し、サイズやデザインの調整。装飾の位置などを決定していく。
〜2ヶ月前 •完成したドレスを着て、最終フィッティング。ドレスに合わせて小物や下着なども決定。
2週間前   •自宅か直接式場に納品をするかを決め、ドレスを受取る。 •自宅か直接式場に納品をするかを決め、ドレスを受取る。
挙式当日 •ドレスの貸し出し。

関連する講座

レビューを見る

総合評価:

レビューを書く

評価: 投稿者名: